ココナッツオイル効能~保湿効果、妊娠線予防、ヘアケア、歯の美白効果、便秘・肌荒れ効果~

スポンサーリンク

ココナッツオイルは、ビタミンEを含んでいます。このビタミンEは、若返りビタミンと呼ばれていて、血管を拡げたり、血流を良くする働きがあります。ココナッツオイルでリンパマッサージすることで血行が良くなります。その働きが老廃物などを排出します。また、ココナッツオイルは日焼け止めとしても使うことができます。これらの他にも効能があります。

 

ココナッツオイルには、天然植物由来で化学薬品は一切入っていません。そのためココナッツオイルはクレンジングとしてもメイクがきちんと落ちるので使用することができます。ココナッツオイルを肌に馴染ませて水やぬるま湯で洗い流すだけです。洗顔後はしっとりして保湿効果が期待できます。乾燥肌タイプの人には有効な手段です。さらに美容液代わりに顔に塗ると、オイルの栄養分が肌に浸透するので洗顔後さらに効果があります。

 

ココナッツオイルを塩もしくは砂糖をまぜてスクラブとしても使用できます。お風呂上がりに全身に塗ります。刺激もないので敏感肌の人でも使用できます。夏は紫外線から守り、冬は乾燥から肌を守ってくれます。あと植物由来でしかも保湿性が高いことから、妊娠線の予防にもなります。妊娠線のできやすい所に塗ると保湿によって予防することができます。

 

シャンプー前に頭皮や髪の毛にすり込んで30分くらいそのままにします。時間が取れない場合は15分程度でも大丈夫です。このパックをすることによってパサパサになってしまった髪がしなやかになり、しっとりします。パック中は蒸しタオルを頭に巻いておくとより効果があります。また、洗い流さないトリートメントとしても利用できます。毛先が傷んでいると感じたら、そこにココナッツオイルを塗ってドライヤーをかけるようにすると効果が出ます。ココナッツオイルがドライヤーの熱から守ってくれます。

 

ココナッツオイルは通常の歯磨き粉とは違い、オイルを使って歯の汚れを落とします。歯ブラシでは落ちない歯垢が落とせるので、歯の美白効果があります。

 

妊娠中はカフェインが気になります。便秘や肌荒れで悩んでいる妊婦さんにおすすめなレシピがあります。ホットミルクなら毎日飲んでいるという人も多いでしょう、それをフルーツスムージに変えるだけです。材料はお好きな果物、牛乳(または豆乳)、お好みでヨーグルト、そして小さじ1杯程度のココナッツオイルです。全てをミキサーかブレンダーで混ぜれば完成です。ココナッツオイルが入っているので便秘や肌荒れに効果が期待出来ます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。