七草粥はいつ食べる?いわれ、意味、由来は?胃腸の正月疲れ解消効果は?

スポンサーリンク

年末年始の食生活からくる胃や腸のトラブルいかがですか?何となく体がだるい、胃腸の調子があまりよくない時は、消化しやすいものを食べるか、胃を空っぽにするか。胃や腸の年末年始お疲れモードのあなたに3つの胃腸を癒す方法を紹介します。

◆七草粥~江戸時代からの日本人の伝統的習慣~

1月7日に七草粥を食べる習慣があります。これは、薬効成分の期待できる7種の野菜や野草を食べることで胃腸を整えるだけでなく、消化の良いおかゆにすることで吸収率も高めるという日本の伝統的な療法です。江戸時代にはすでにこの七草粥の習慣がありました。七草とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)のことです。地域によって多少の違いもあるようですが、これら七草が疲れた胃腸に効くことを昔の人が知っていたということがスゴイです。

◆プチ断食~酵素がたっぷり入った朝スムージー~

胃腸が消化しやすい食事を取ることも有効です。酵素がたっぷり入ったスムージーは、胃腸に負担をかけずに栄養素を消化吸収できるので、疲れているときにグッドです。朝ごはんをスムージーにすることで、夕食以降何も入っていない胃を引き続き休めることができ、プチ断食にもなるのでオススメです。

◆週末断食~胃腸をリセット~

断食は、胃腸にはやさしいことはわかっていても身体を動かすとなると大きな負担になります。仕事のある平日はもちろん避けたほうが無難です、でも、気分的にもスケジュール的にもゆったりしている週末ならできそうです。断食にもいろいろな方法がありますが、固形物をとらないこと、カフェインやアルコールをとらないこと、水をたっぷり飲むことを意識するだけでも断食になります。手づくりジュースで野菜とフルーツのビタミンやミネラルを補給するのもお肌にもいいのでオススメです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。