中国と九州の初日の出おすすめスポットと初日の出の時間、時刻は?

スポンサーリンク

中国、九州地方は初日の出の名所が多いのでも有名ですが、今回は初日の出のおすすめスポットを4箇所紹介します。

中国地方は、瀬戸内海を背景にした壮大な景色が広がり、海から昇る初日の出が何といってもみどころとなります。また、大自然と広大な面積を誇る九州では、さまざまな顔を見せる初日の出が楽しめます。

岡山県倉敷市の鷲羽山から見た瀬戸内海の初日の出は?

岡山県倉敷市にある「鷲羽山」からは、瀬戸内海に浮かぶ島々から浮かんでくる初日の出を拝むことができます。日本初の国立公園である瀬戸内海国立公園の代表的な観光スポットとしても有名です。標高133mの頂上「鍾秀峰(しょうしゅうほう)」からは瀬戸内海が一望できます。本州と四国を結ぶ瀬戸大橋を見渡すことができるなど中国地方を代表する景勝地でもあります。鷲羽山は「日本の夕陽百選」のひとつとしても有名です。

◆初日の出の時間:7時11分(鷲羽山から見た瀬戸内海)

◆所在地:岡山県倉敷市下津井田之浦

◆問合せ先:086-472-1289(児島駅観光案内所)

◆アクセス
・JR児島駅から車で10分
・瀬戸中央道児島ICから県道21号経由6km・10分

◆駐車場:無料(362台)

広島県尾道市の尾道の街並みからの初日の出は?

尾道の街並みといえば映画のロケ地としても有名です。広島を代表する観光名所のひとつとして人気の街です。情緒あふれる坂道、昔ながらの建物など普通に散策するだけでも魅力的な街ですが、初日の出に照らされるその街並みも魅力あります。特にオススメは、「千光寺公園」です。桜の名所として知られる千光寺公園ですが、ロープウェイを利用すると千光寺中腹から尾道の街並みを眺めることができます。

◆初日の出の時間:7時11分(千光寺公園)

◆所在地:広島県尾道市西土堂町19-1

◆問合せ先:0848-38-9184(尾道市観光課/年末年始は休業)

◆アクセス
・JR尾道駅から徒歩15分・ロープウェイ3分で下車
・山陽道福山西ICから国道2号(尾道バイパス)経由10km・15分

◆駐車場:無料(70台)

福岡県福岡市の福岡タワーからの初日の出は?

九州の大都会福岡のシンボルは「福岡タワー」です。博多湾近くにそびえるクリスタルのハーフミラーに包まれた福岡タワーは九州の中でも最先端の都市らしい建築物です。高さ234mのタワーは中間の123mまでエレベーターで昇ることができ、そこからは福岡の街並みや博多湾を一望できます。元日の初日の出時間より前からエレベーターが運行しています。展望台からの初日の出は見事です。

◆初日の出の時間:7時21分

◆所在地:福岡県福岡市早良区百道浜2-3-26

◆問合せ先:092-823-0234(福岡タワー)

◆アクセス
・福岡市営地下鉄西新駅から徒歩20分
・福岡都市高速百道出入口から0.5km・3分

◆駐車場:88台(タワー展望または施設内で1000円以上利用で2時間まで無料)

大分県佐伯市の豊後二見ヶ浦からの初日の出は?

豊後二見ヶ浦は、日豊海岸国定公園内にある名勝です。人気のスポットが「夫婦岩」です。高さ17mの男岩と10mの女岩で成り立つこの夫婦のように並び立つふたつの岩は、日本一の長さを誇る65mのしめ縄でしっかりと結ばれています。九州地方屈指の初日の出スポットとして、毎年多くの人が、夫婦岩の間から見えるその様子を楽しみにしています。地域の人々にとっても豊後二見ヶ浦の初日の出は地元の誇りです。毎年12月に張り替えられる「しめ縄」は地元の人々の協力によって成り立っています。

◆初日の出の時間:7時18分

◆所在地:大分県佐伯市浅海井

◆問合せ先:0972-32-3111(佐伯市上浦振興局地域振興課)

◆アクセス
・JR浅海井駅から徒歩10分
・東九州道津久見ICから国道217号経由15km・20分

◆駐車場:無料(200台)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。