京都の初詣で願いが叶うおすすめ人気の神社って?

スポンサーリンク

京都の寺社仏閣は、御祭神や歴史、立地によって、さまざまなご利益があります。新年の最初に神様にお参りする初詣は、ご利益をいただくだけではなく、自分自身の行いを見つめ直し、願いや目標を心に誓うという意味もあります。今回は、新しい年の幕開けに初詣におすすめの願いをかなえるご利益別に京都の神社を紹介します。

伏見稲荷大社のご利益って?

伏見稲荷大社は、今では世界中からの参拝者が集まる人気スポットです。全国の「お稲荷さん」信仰の総本宮であり、「商売繁昌」「家内安全」「厄除け」など庶民の心願(しんがん)に寄り添うさまざまなご利益があります。訪れた人が感動するのがずらりと建ち並ぶ朱塗りの「千本鳥居」です。整然と並んだ鳥居のトンネルから光が差し込む光景は、神秘的な雰囲気です。稲荷山頂へと向かう四ツ辻(よつつじ)からの眺望は、京都市内を一望することができ見事です。西向きのため初日の出は見ることができませんが、元日の早朝には、新しい年の夜明けを眺める人々でにぎわいます。

◆お問い合わせ:075−641−7331(伏見稲荷大社)

◆場所:京都市伏見区深草藪之内町68

◆時間:終日参拝可能、祈祷は8:30〜16:30

◆料金:境内無料

◆休業:無休

◆アクセス:JR稲荷駅からすぐ

晴明神社のご利益って?

晴明神社は、京都屈指のパワースポットで、仕事運や成績などのアップを願う人々のあいだで人気があります。伝説的な陰陽師・安倍晴明公を祀(まつ)る神社で、境内にはいたるところに晴明公が考案した魔除けの印「五芒星(ごぼうせい)」が見られます。そのため厄除けのご利益でも知られていますが、6代の天皇に仕え数々の功績を残した晴明公にちなんで、ビジネスの機運を上げることでも人気があります。陰陽五行(おんみょうごぎょう)でねばり強さを表す「土」の黄色に、「火」を表す赤で上向きの矢印が描かれた「向上守」(600円)は、今よりさらに上のステップを目指す人ならぜひゲットしたいお守りです。

seimeijinja1

◆お問い合わせ:075—441−6460(晴明神社)

◆場所:京都市上京区晴明町806

◆時間:9:00〜18:00

◆料金:境内無料

◆休業:無休

◆アクセス:市バス一条戻橋・晴明神社前から徒歩2分

野宮神社(ののみやじんじゃ)のご利益って?

野宮神社(ののみやじんじゃ)は、嵐山の竹林にたたずむ美しい神社で、「縁結び」や「子宝」の神様として知られています。「源氏物語」のワンシーンにも登場する野宮神社では、良縁や恋愛成就を祈願するハート形の絵馬や、源氏物語をモチーフにした「えんむすび御守」(500円)が人気です。光源氏が訪ねてくるシーンで描かれた黒木の鳥居や、なでると1年以内に願いがかなうといわれる亀石(かめいし)など、運気アップにオススメです。

nonomiyajinja1

◆お問い合わせ:075—871−1972(野宮神社)

◆場所:京都市右京区嵯峨野野宮町1

◆時間:9:00〜17:00

◆料金:境内無料

◆休業:無休

◆アクセス:市バス野々宮から徒歩5分

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。