岩手県座敷わらし旅館の緑風荘が営業再開は?予約、アクセスは?

スポンサーリンク

座敷わらしの宿として有名な岩手県二戸市の金田一温泉郷にある旅館「緑風荘」は、火災で全焼しましたが、5月14日に営業を再開することになりました。

3代目社長五日市洋さん(48)は再建の喜びをかみしめながら、座敷わらしが戻ってくるのを心待ちにしています。

宿場町として栄えた金田一温泉郷には、「平民宰相」原敬や松下電器産業の創業者松下幸之助も宿泊しています。緑風荘の建物は、江戸時代の1689(元禄2)年ごろに建築されたと伝わり、五日市さんの祖父が1955年に営業を始めました。

座敷わらしの言い伝えは、南北朝時代にさかのぼります。北軍に敗れて逃れる最中、五日市家の先祖である藤原朝臣藤房の長男で当時6歳だった亀麿(かめまろ)が病で亡くなった際、亀麿は「末代まで家を守り続ける」と言い残し、座敷わらしになったという言い伝えです。宿の敷地には亀麿をまつる亀麿神社があります。

2009年10月4日夜のことです。近くに住む小林茂巳さん(63)がサイレンの音で外に飛び出すと、緑風荘から火の手が上がっていて、急いで自宅裏手の畑に登ると、宿から丘に向かって小さな光の玉がふわふわと風になびくように飛んでいくのを見て、程なくして小雨が降り出したとのことです。

小林さんは、この日は満月がよく見えた雲一つない夜空だったと記憶しています。「火の勢いを消すため、座敷わらしが雨を降らせたのでは」と信じています。宿は全焼したものの宿泊客と神社は無事だったとのことです。

緑風荘の名物は「槐(えんじゅ)の間」です。この部屋で写真を撮ると光の玉が写り込み、これが座敷わらしとうわさされるなど一緒に遊んだという客の体験談も多いのも座敷わらしの宿と慕われる所以かもしれません。
◆住所:岩手県二戸市金田一字長川41番地

◆お問い合わせ:0195-27-2131(座敷わらしの宿 緑風荘)

◆予約:コチラ ⇒ 予約受付

◆電車アクセス

・JR東京駅(東北新幹線 時刻表)約3時間・・・・・・・JR二戸駅(IGRいわて銀河鉄道 時刻表)約8分・・・・・・・金田一温泉駅・・・・・・・タクシー5分(徒歩では1.5㎞約30分)

◆車アクセス

【東京・仙台方面から】
川口JCT(東北自動車道)・・・・・・・栃木都賀・宇都宮・郡山・村田・北上・・・・・・・安代JCT(八戸自動車道)・・・・・・・一戸IC・・・・・・・約20分

【新潟方面から】
上越JCT(北陸自動車道)・・・・・・・長岡JCT・・・・・・・新潟中央JCT(常盤自動車道)・・・・・・・郡山JCT(東北自動車道)・・・・・・・栃木都賀・宇都宮・郡山・村田・北上・・・・・・・安代JCT(八戸自動車道)・・・・・・・一戸IC・・・・・・・約20分

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。