北海道森町さくらまつりの期間、会場、日程、イベントプログラム、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

北海道森町でもりまち桜まつり(実行委主催)が青葉ケ丘公園をメイン会場に開幕します。

大道芸人のパフォーマンス披露や「芝舞台町民観桜会」と銘打った町民主体の演奏会、花火大会など、町外からの来場者や町民が共に楽しめる盛りだくさんの内容で、毎年人気のまつりを盛り上げます。

◆期間:2016年5月3日~5月15日

◆お問い合わせ:01374-7-1286(森観光協会)

◆アクセス

【電車】JR森駅→徒歩10分。または車3分

【車】 道央道森ICから国道5号・道道794号経由3km5分

◆駐車場:有り(800台、歌謡ショー当日のみ有料)

オープニングセレモニーは3日午前11時からです。

表千家松浦社中による「お花見お茶会」のほか、森中、森高による吹奏楽演奏会が開かれます。

3日正午からは、道内などで活躍する大道芸人4人が、ジャグリングやパントマイム、口から火を噴き出すパフォーマンスなどを披露する。

メインイベントの歌謡ショーは、8日正午から特設ステージでスタートです。

「亜麻色の髪の乙女」のカバーなどで知られる歌手島谷ひとみさんや、函館在住の演歌歌手高田ともえさん、森町出身の演歌歌手峰功治さんが舞台を盛り上げます。

最終日の15日は正午から「芝舞台町民観桜会」が開かれ、町内団体が吹奏楽や雅楽、フラダンスなどを披露します。

15日午後7時からは「夜桜花火大会」が開催され、スターマインなど千発の花火がフィナーレを飾ります。

このほか、5日午前11時から道南子供太鼓大集合、7日午後1時半から自衛隊演奏会を開催。また、14日午前7時45分から公園グラウンドで渡島信金理事長杯町村対抗ゲートボール大会、15日午前8時からサンビレッジ森で北海道オープンペタンク森大会、同日午前9時から共進会場でばん馬競技大会が開かれます。

もりまち桜まつり期間は、昨年より2日の短縮ですが、実行委は北海道新幹線利用者の来場も期待し、15日までの期間中、昨年より2万5千人多い15万人の来場を目標に掲げています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。