和歌山県古座川町の七川ダム湖畔の桜の開花見ごろは?ライトアップ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

和歌山県古座川町にある佐田の七川ダム湖畔で毎年開催される桜まつりがあります。今年は地元の若者が企画したライブイベントがあります。桜まつり事務局の町産業建設課によれば、七川ダム湖畔のソメイヨシノが桜まつりのころに見頃を迎えそうです。

七川ダム湖畔は、1956年のダム完成に合わせて住民らが約3千本のソメイヨシノを植樹し、現在は和歌山県の桜の名所になっています。この桜まつりは、町や商工観光団体、地元区などでつくる実行委員会が主催しています。

若者が楽しめる催しにできればと、県内外のシンガー・ソングライターらによるライブイベントが開かれます。

10時半から、笑音風、笹井和真、那智勝浦吹奏楽団、monpe、南努の計5組が出演します。

ライブの合間には、町民に町への熱い思いを語ってもらうトークコーナーが設置されます。

物産販売では、町内の団体など6店舗が出店し、桜まつりは午後2時に餅まきをして終了します。

七川ダム湖畔の桜には、電球の入った約300個のちょうちんが取り付けられていて、4月4日までの午後6時~9時に点灯されます。

ちなみに、ソメイヨシノは3月28日の時点では、ほとんどがつぼみの状態でした。

◆桜まつり:4月3日(日)

◆会場:桜の広場

◆時間

・午前10時開会
・午後2時餅まきをして終了

◆入場料金:無料

◆お問い合わせ:0735-72-0180(町産業建設課)

※天候によって中止する場合があり、当日の午前7時に町内放送や町のホームページで知らせるそうです。

◆アクセス

【電車】JR古座駅から車約40分

【車】阪和道南紀田辺ICから約2時間

◆駐車場:有り

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。