熱海梅園の開花状況見頃と梅まつり、駐車場、アクセス、混雑は?

スポンサーリンク

静岡県熱海市にある熱海梅園は、明治19年(1886)に横浜の豪商が開いた梅園が始まりで、日本一の早咲きで知られています。

また、遅咲きの品種もあるので長期に渡って梅の花見を楽しむことができます。川沿いに広がる約4万4000平方mの園内には、冬至梅、八重寒紅などの梅が472本植えられています。

毎年、梅の花の開花見頃の時期になると梅まつりで熱海梅園は大変賑わいます。また、1月下旬~2月上旬頃には、梅園前の市道や糸川遊歩道にて「あたみ桜」も楽しむことができます。

熱海梅園の開花見ごろは?

◆場所:静岡県熱海市梅園町8-11

◆見頃:1月下旬~2月中旬

◆お問い合わせ:0557-85-2222(熱海市観光協会)

熱海梅園梅まつりは?

熱海梅園では、472本59品種の梅が、早咲き、中咲き、遅咲きと、順々に開花します。芸妓衆による演芸会等さまざまなイベントが日曜、祝日を中心に開催されます。また、期間中の日曜、祝日には甘酒の無料サービスも行われます。

◆期間:2017年1月7日(土)~3月5日(日)

◆会場:熱海梅園

◆時間:8時30分~16時(梅まつり期間のみ)

◆料金
・大人300円
・市民・宿泊者100円
・中学生以下無料
・団体(11名以上)200円
※有料期間は梅まつり期間中のみ

◆お問い合わせ:0557-85-2222(熱海市観光協会)

熱海梅園へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・JR東海道本線「熱海駅」より伊東線利用約3分でJR来宮駅下車して徒歩約10分
・JR東海道本線「熱海駅」から伊豆箱根鉄道バス「相の原団地行き」約15分

【車】
・東名高速厚木ICから国道135号経由56km1時間

◆駐車場:有り(100台/2時間600円※梅まつり期間中のみ)

◆混雑
・期間中は周辺道路・駐車場の混雑が予想されますので、公共交通機関利用がオススメです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。