有酸素運動と無酸素運動で短期間のダイエットが成功

スポンサーリンク

運動によって脂肪を燃焼させることが、短期でのダイエットには向いています。理想を言えば、短期間に食事を制限するのと同時に、運動をするとさらに効果が高まるのです。

しかし、食事によるダイエットをしながら、ダイエット効果のある運動をするのは、時間や精神的な余裕が厳しいものです。ダイエットを短期で行うために運動をする場合、どんなやり方がいいでしょう。運動によって体内に蓄積されている脂肪を燃焼させるには、有酸素運動と無酸素運動の両方をするといいでしょう。無酸素運動とは、瞬発力を必要とするダッシュ運動や筋肉トレーニングなどで、無酸素運動は継続的に行うウォーキングやジョギング、水泳などです。酸素を体内に供給しながら運動をするのが、有酸素運動の特徴です。細胞の働きをアップさせ、体脂肪を燃焼してエネルギーをつくります。反対に無酸素運動の場合は、筋力アップに効果があります。体内に蓄積されている脂肪をエネルギーに変えやすい体になるには、筋肉を増やすことが一番です。筋肉が多いと、安静にしていても脂肪を消費します。無酸素運動を日々の習慣にるすことで、短期間でのダイエットが成功させやすくなります。有酸素運動を週3回ペースで行い、無酸素運動を週2回ペースで行ってみてください。毎日、何かしらの有酸素運動や無酸素運動をするようになれば、7~10日ほどで体重を減らすことが可能です。ウォーキングやサイクリングで会社に通ったり、帰宅後に筋トレの時間を確保するなど、わずかな時間でも運動のチャンスを逃がさないことが、短期間でダイエットをするためには必要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。