短期間ダイエットは痩せるどころか大きくリバウンド

スポンサーリンク

多くの人が、ダイエットを10日程度で行うことができれば実践するのにと思っているようです。短期間のダイエットは痩せるどころか、大きくリバウンドしてしまったりします。

脂肪が燃えづらい体質になり、以後、ダイエット効果がなかなか実感できなくなる体になることもあります。1週間といわず、1カ月間のダイエットをすれば、プレッシャーやストレスも軽く済みますし、体にかかる負荷も少なくできるのは、火を見るより明らかといえます。もしも、美容のために代謝を高め、デトックス効果を得たいというのであれば、ダイエットと違って3~7日ほどでも効果を実感できるでしょう。ダイエットを短い期間で一気にやるのは、体の具合を損ねないためにはしないほうがいいでしょう。無理をして7日間で2㎏のダイエットをしても、その体重をキープしなければなりません。人間の体は、ちょっとした運動や、日中水分を摂取しないだけでも、体重は1㎏や2㎏は変動しているといいます。1週間で2キロ痩せたとしても、実際のところは痩せたと言うわけではないようです。ダイエットというには、食事や水分を少なくした影響が体重に表れたのみであり、ダイエットとは言いづらいこともあります。人間の体は、しばらくカロリーや水分の補給がない状態が続くと、その環境に自分を適応させようとします。体は積極的にエネルギーを使わなくなり、余剰カロリーが出た場合はいざという時に備えて体内に備蓄します。健康的で、体にいいダイエットをすることは大事です。短期間でダイエットをする場合でも、健康維持に必要な食事を行った上で、運動などをするようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。