iPhoneの動き、動作が重い、遅い、鈍い時の軽くなめらかに軽く改善する方法

スポンサーリンク

iPhoneを操作していると、

なんだか動きが重いなぁ~、遅いなぁ~という経験はありませんか?

あ~でもない、こ~でもないといじって、

滑らかにサクサクと改善されてますか?

気づけば必要以上に時間を消費しています。そんな時は・・・

 

重いiPhoneの動きをサクッと軽くする1つの方法です。

 

iPhoneのRAMを一掃してみてはどうでしょうか。

 

動作中のすべてのアプリを手動で閉じるという意味ではありません。

 

RAMをクリアにして、電源を初めて入れたかのようにできる知られていないテクニックです。

 

それでは紹介します。

 

f2872594635d3475e1a7b40a3ce89ac4_s

 

最初に、電源ボタンを長押しします。

 

画面に「スライドで電源オフ」と表示させます。

 

そのときですが、ここでスライドしません。

 

代わりに、ホームボタンを数秒間長押ししてください。

 

RAMが白紙の状態に戻り、自動的にホーム画面に戻ります。

 

そして、ホームボタンをダブルタップします。

 

動作中だったアプリが開かれたまま残っています。

 

どれかをクリックしてみてください。

 

アプリアイコンから起動する時と同じように、

 

再読み込みされることが確認できます。

 

以上、iPhoneの動きが

 

鈍い、重い、遅いときの軽くするための1つの方法です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。